北ブロックとは

大阪府中小企業家同友会 北ブロックの活動について

下記のような様々な活動を通じて経営者としての成長や良い会社作り、良い経営環境作りを実現しています。

  • 支部例会

    支部例会

    単なる経営者交流会ではなく、経営者同士の実体験に基づく報告の場、学び場です。報告の後、グループ討論を通じて経営者がそれぞれの捉え方を知り、違いを理解し、その良さを受け入れることができます。

  • 小グループ活動

    小グループ活動

    会員が所属する地域毎に5人~10人程度の小人数で集まって日頃の経営の悩みや課題、情報の交換を行う場です。顔と企業が見える関係をつくり、会員同士の絆を深め経営の悩みを解決します。

  • 共同求人

    共同求人

    経営者が共に知恵を出し合い、新卒者を採用していく求人活動です。高校や大学との連携を深め、中小企業に若い人材を迎え入れることができます。

  • 指針セミナー

    指針セミナー

    経営指針確立・実践セミナー 経営姿勢の確立にはじまり、理念の成文化から長期ビジョン、自社分析、方針と目標、行動計画といった経営指針の作成を社内での実践を交えて学びます。月1回の講義を6か月間で開催。年2回。

  • その他の活動

    その他の活動

    上記の他にも「例会委員会」「増強委員会」「経営委員会」「中小企業憲章」などがあります。

組織図

  • 組織図
    

北ブロックの支部紹介

北第一支部 北第二支部 北第三支部 阪神支部 新大阪支部 吹田支部 豊能支部 三島支部

ブロック長

川田 昭宏

ブロック長
川田紙工株式会社
川田 昭宏

企業づくりの実践を魅せ合う仲間の輪を広めよう!

北ブロックは、大阪市内北部に位置する5つの支部と北摂地域にある3つの支部を合わせた
合計8つの支部で構成されており、その会勢は、530名強と大阪同友会の約1/4を占める会員が所属しています。
その広域な範囲と企業の多さから、会員企業の業種・業態も多種多様なものとなっており、各支部長と力を合わせて地域性やそれぞれの支部の特長を活かした活動に取り組んでいきたいと思っています。
毎年秋に開催されている8支部合同例会では、支部の垣根を超えた交流が活発に行われており、そのスケールメリットを活かして多くの会員企業が切磋琢磨し合う場となっています。
これらの活動によって、会員企業の企業づくりが進み、各支部の地域づくりが進む。
結果として、組織が活性化し仲間が増える!そんな活動をサポートできるブロックづくりに取り組んでいきたいと思っています。

豊能支部(豊中市・箕面市・池田市・豊能町・能勢町)

寺川 洋平

豊能支部 支部長
共栄電気工業株式会社
寺川 洋平

会員さんの”楽しさ”を見つけるお手伝いをします。

大阪北摂地域のうち、豊中市、池田市、箕面市、豊能町に拠点を持つ経営者さんが在籍しています。
会員さん同士で会社を見せ合う機会が多くあり、このつながりから仕事の連携も生まれています。元々はそれぞれのお悩みを持って参加した人ばかりですが、活動の中で業種や年齢を超えたつながりを得て、多くの気付きを持ち帰ってもらっています。
「経営を楽しんでいる会員さん」を生み出すことを目標に活動していますので、ぜひ覗きに来てくださいね。

吹田支部(吹田市)

林 理恵

吹田支部 支部長
リンクリング
林 理恵

コロナ禍でもたらされた新たな経営課題に
対応できる企業づくりを。

吹田支部は、吹田市に所在地を置く企業の経営者が集い、成長を目指しています。
現在会員数59名で士業の方や女性経営者が多いのが吹田支部の特徴です。
会員の学びたい事を互いの知見を活かしながら教示し合い、相互成長する中で、成功も失敗も含めた成果を魅せ合える仲間づくりを目指しています。
また、若手会員さんが担う小グループ長が率いる小グループ活動も活発です。
今年度は、業績向上をテーマに、マーケティング視点を持った例会を開催することで、吹田市の経営者の皆さんに興味を持って参加してもらえる場づくりしていきます。
新たな仲間との出会いを楽しみにしています。例会へのゲスト参加をお待ちしております!

三島支部(茨木市・高槻市・摂津市・島本町)

赤井 幸智

三島支部 支部長
WalkOn株式会社
赤井 幸智

~新しい仲間とともに組織を成長させる~

2022年度の三島支部は「気づきや学びを実践したくなる風土づくり」を重点目標として同友会での理念に基づく気づきや学びを実践できる環境づくりをめざします。
「謙虚に学び合う」「その成果を会内で検証する」といった仲間同士で切磋琢磨が楽しくなる活動にとりくみます。
そのためには個人で頑張るのでなくチームで動ける組織運営を実践できる支部づくりを構築します。

新大阪支部(大阪市淀川区・東淀川区)

中島 宏治

新大阪支部 支部長
弁護士法人法円坂法律事務所
代表弁護士

中島 宏治

「強靭な企業づくり」を目指す活動に取り組みます!

支部長4年目になります。本年は、以下の4つを支部方針の柱としました。
①ブロック内での合同例会を積極的に開催する。北ブロック8支部合同例会だけでなく、複数の支部での合同例会を推奨する。
②合同例会のみならず、他支部の例会への参加を推奨する。支部の枠を超えて学びの機会を積極的に支部会員に提供する。
③支部例会としては、引き続き「学べる例会」を継続する。
④ゲスト勧誘を増やし、支部内外を問わず共に学べる仲間を増やすことにより、経営者同士の連帯を強める。
ブロック方針にある「横串」を意識した1年にしたいと思いますので、他支部の皆さんもよろしくお願いします。

阪神支部(大阪市西淀川区・福島区・此花区)

中本 論

阪神支部 支部長
有限会社中本運送
中本 論

熱い仲間の阪神支部

昨年度は、新会員さんが多くご入会いただいた阪神支部です。お陰様で99名となりました。
新しい会員さんが入会いただけることによって、現会員に新たな気づきが生まれ新会員さんにとっても気づきの多い場になることがポイントです!
私自身入会して多くの人に刺激、感動、気付きをもらい、大きく成長させてもらいました。(自分で言うか~)
事業規模の大小に関わらず、経営者同士が、学び、気づき、自社を改善し、よい会社、良い経営者、良い経営環境をめざす。
本気でやれば、なんとかなる。本音で語れば本音で返ってくる。楽しい場には人が集まる。
今期も「本気で本音で楽しく学べる」そんな阪神支部です。

今年の例会もお楽しみに~学びに来てや~

北第一支部(大阪市北区)

木下 美紀子

北第一支部 支部長
有限会社木下商会
木下 美紀子

同友会をフル活用し、
変化=CHANGEをチャンス=CHANCEに変える!
~ 同友会におけるヒト・モノ・カネ・情報の活用の最大化 ~

2022年はコロナのオミクロン株の感染拡大で始まりました。時代の変化の中、同友会会員の強い団結力と、情報発信力が求められています。
自社の経営維持と発展の為、同友会と自社両輪の全機能をフルに発揮し、全力を傾注しなければなりません。そのためには、同友会の全機能=ヒト・モノ・カネ・情報を最大に活用し、自社につなげ、経営環境の変化からチャンスを見つけ出し、チャレンジし続ける必要があります。

2022年度は、例会・小グループ・例会委員会・増強委員会など支部活動を通して、会内外の経営者や団体と連携しながら多様な取組に果敢にチャンレンジ、皆で一緒に楽しく実践していきましょう!

北第二支部(堀川・天満天神・滝川・菅南・西天満東・谷町南東)

大野 将志

北第二支部 支部長
株式会社デザインプラス
大野 将志

気軽に相談ができ語り合える
「本気×真剣の仲間作りの輪」

大阪市北区(梅田~南森町界隈)に拠点を持つ経営者約60名で活動しています。
若手経営者が多いのが北第二支部の特徴の一つです。 小グループ活動という支部を分割したグループでは、飲み会中心のグループや、昼から真剣に経営相談をするグループなど、会員さんのニーズに合わせた活動をしています。
自社を良くするための活動を特に意識し、参加すれば自分も会社も成長できるんだと会員が確信できる支部活動を目指しています。
アットホームな雰囲気ですので、一度様子を見に来てください。

北第三支部(船場・西天満西・曽根崎・堂島・中之島)

小西 一裕

北第三支部 支部長
株式会社小西秀製作所
小西 一裕

企業づくりを魅せ合える仲間と共にこの難局に立ち向かおう!

北三支部は北区西天満中心に兵庫県や他地区の経営者も多数在籍しており、若手経営者、女性経営者も多く活気のある支部です。
また、会員同士もそれぞれ仲も良く、和気あいあいと運営しています。
今期はウクライナ情勢、物価の値上がり、部品不足など中小企業にとっても大変な年になります。
この難局を例会や小グループ活動の中で経営を見せ合い、指摘し合いながら、お互い切磋琢磨して、乗り越えていきたいです。
活動は昨年までのzoom中心では無く、出来る限りリアルに顔を合わせながら活動していきたいと思います。

先頭へ戻る

Copyright © 大阪府中小企業家同友会 北ブロック All Right Reserved.

goannai_banner