活動報告

三島支部7月 例会報告 《会場とZoomのハイブリッド開催》

2022年7月28日

感想

三島支部

同友会三島支部7月例会報告

【ハイブリッド開催】


三島支部7月例会は支部広報委員の香川昌彦さんによる報告でした。テーマは「仕事目線からヒト目線へ ~こころを整える術をもっていますか?~」 非常に苦労を重ねた創業前のお話から創業後のドラマチックなご自身の変化。 様々な出会いと同友会活動からの気付きと実践。 非常に勇気と力をいただける報告内容でした。


以下、三島支部の 株式会社桑原サービス 代表取締役 桑原 勝彦さんの感想です。 7月27日 三島支部例会の感想 こころ社労士事務所 香川さんの『仕事目線からヒト目線へ(こころの整える術をもっ ていますか)』というテーマのお話を聞きました。
 大学を卒業するタイミングでバブル崩壊、やりたかった仕事が出来る会社に内定してい たにも拘らず、まさかの内定取り消し、そこから香川さんの波乱万丈の人生が始まります 。

何かの役に立ちたいという思いとは裏腹に、勤めていた会社の合併や組織再編などに翻 弄されて社内での人付き合いで大きなストレスを抱え続けることに、、、騙し騙し走って きた香川さんでしたが、ある日糸が切れてしまい十数年もの間、社会生活に復帰できなく なってしまいますが、奥さんの粘り強い支えもあり社労士として社会復帰出来ることにな ります。  

こころを繋ぐ社労士として開業したものの、売上も大切、理念に沿わない仕事も引き受 けないといけないという状況に置かれて、『仕事とは何か』『生きるとは何か』を自問自 答します。そんな中、同友会の指針セミナーに出会い、仲間の支えもあって気持ち(ここ ろ)を整えることが出来、気付けば気持ちもこころも良い方向に、、、再び歩みだした香 川さんの未来に会場全員がワクワクする気分になって報告は締めくくられました。

 グループ討論では、『これまで経営してきた中で一番つらかった時にそれをどう乗り越 えましたか?』というテーマで討論しましたが、みなさん経営者になる前も含めていろい ろな苦しい体験をお話しされました。金銭的につらかった、体力的につらかった、精神的 につらかったというものが主な要因ですが、その時はただがむしゃらに頑張った、会社勤 めの時はそこから逃げたなどの体験が出ました。振り返ると金銭的、体力的、精神的の3 要素の2つ以上が重なってしまうと乗り越えられなかったかもしれない、そうならないよ う普段から3要素を『整える』ことを意識したいものです。

三島支部ではこれからもみなさんの気付きと行動を促す 例会発表を続けていきます。 どうぞご注目くださいませ。

oosaka_wakaso2022_banner insta_sbanner
先頭へ戻る

Copyright © 大阪府中小企業家同友会 北ブロック All Right Reserved.

goannai_banner